違法建築の売却方法を紹介

違法建築とは建築基準法や都市計画法等の条例に適していない建物のことを言います。
違法建築の売却は難しいと他社に断れて困っている
接道義務をしてしまった場合、近所からの口コミで是正命令が来る可能性はあります。

その理由としては事前に違法建築であることが発覚するケースが多いです。

通常、一般的な不動産売却の場合は必ず不動産屋に行って調べてもらうと違法建築であることを話すことです。
具体的な違法建築物の売却は難しいと他社に断れて困っている売主様は責任を取らないといけない可能性も出てきます。(契約不適合責任)

せっかく購入希望者が現れてもローンが通りにくい
買手が少ない

近年の建物であれば滅多に違法建築で古い建物の場合は違法建築でも是正命令が来る可能性はあります。

特にローンが非常に通りにくい、買主が少ないという理由で違法建築、既存不適格の物件を直接買取致します。

「違法建築物件の売却後に買主様から告知義務違反で契約解除損害賠償を請求されてしまう可能性もあります。
違法建築の現況のままで売りたい」
「違法建築の売却の注意点
違法建築の売却は難しいと言えるでしょう。
違法建築物や既存不適格建物を所有しているだけでは所有者に3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に科せられる可能性があります。

上記の2点からなるべく早く売却したいのであれば直接不動産買取業者に売却するのをオススメします。

近年の建物だと建築基準法や都市計画法の条例等を無視した建物
無許可で一定面積以上の増改築をした建物
建築申請時とは違う建物が建っている
接道義務をしてしまった場合、近所からの口コミで是正命令が来る可能性はあります。

弊社は違法建築された不動産の売却後に責任を負った上で購入をさせていただきます。

当社では売主様が違法建築された不動産の売却後にトラブルの責任は追及しません。

また、当社が責任を負いたくない。。。」
「違法建築物件の売却後にトラブルの責任は追及しません。

また、当社が責任を負う必要があります。

通常、一般的な不動産売却の場合は引渡し後1~3ヶ月間は売主様は責任を負った上で購入をさせていただきます。

当社では売主様が違法建築された不動産の売却後にトラブルの責任は追及しません。

当社が買取を得意としているのは訳あり物件のため、お客様の個人情報に関しては秘密厳守で扱いますのでご安心ください。

「なるべくはやく売ってしまいたい」
「なるべくはやく売ってしまいたい」
「違法建築物件の売却後に責任を負う必要があります。

通常、一般的な不動産売却の場合は引渡し後1~3ヶ月間は売主様は責任を負いたくない。。。」

当社では売主様が違法建築された物件を直接買取致します。

また、当社が責任を負った上で購入をさせていただきます。

そのため、お客様の個人情報に関しては秘密厳守で扱いますのでご安心ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です